鉄分 お茶

鉄分とお茶の組み合わせはNG?

 

緑茶

 

鉄分とお茶を同時に摂るとよくないというのは本当なのでしょうか?

 

また、鉄分不足の症状がある方はお茶を飲むのを止めたほうがいいのでしょうか?

鉄分とお茶を一緒に飲まない方がいい理由

 

鉄分とお茶は「一緒に飲まない方がいい」とそう考えられている理由はお茶(緑茶)に含まれている「タンニン」鉄分の吸収を阻害するからです。

 

そのため、食事中や食事の前後は鉄分の正常な吸収を邪魔しないようにお茶は「飲まない方が良し」と考えられています。

 

このタンニンという成分は緑茶以外にも紅茶や烏龍茶などお茶類、その他にコーヒーや赤ワインにも含まれています。

 

※番茶・ほうじ茶・玄米茶は比較的タンニンが少ないお茶です。

 

しかし、最近の研究においては鉄分とお茶を「一緒に摂っても全く影響はない」という研究結果も聞かれます。

 

ただ、鉄分の不足からくる貧血の治療で鉄分の薬(鉄剤)を処方されている場合はどんな薬でもお茶との同時服用は避けるように注意されていますので、念のために一緒に摂らない・飲まない方が賢明と言えます。

お茶で鉄分を摂る方法

 

鉄器

 

料理を鉄製の調理器具で作ると鉄分が摂れることが知られていますがお茶においても「鉄瓶」で湯を沸かして淹れると鉄瓶の鉄が溶け出すことで鉄分が補給できます。

 

お茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収に影響しないことを信じるならば、このような方法でお茶から鉄分を摂ることを考えてもいいかもしれません。

 

このような鉄瓶で多くの方が薦めるのが岩手県で生産されている南部鉄器鉄瓶です。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

 

ココアの鉄分はコップ一杯に0.522mgと少な目でした

 

鉄分の多い果物ベスト20がこちら!一位は意外にも・・・

 

 

スポンサード リンク